member

Yukiko Inaba (代表)

静岡市在住。幼い頃は長野県にある祖母の家に行くと必ず森に行き、時間を忘れてひたすら散策していた。現在も木が好きすぎて、お気に入りの木を見つけるとずーっとその1本の木を見つめたり、新緑の季節にドライブをすると血が騒ぐほどテンションが上がってしまうことが多々ある。一見は普通の女子だけれども、木に対する愛が溢れるやや変な人。ネコをこよなく愛す。

Saiko Hakamata (副代表)

前職で「日本全国スギダラケ倶楽部」に関わり、それ以来、日本の山を心配している。浜松にUターンし、スギダラ天竜支部の広報宣伝を担当。ブログ:http://sugiten.exblog.jp/ スギネームは、キャッシー。呼べばちゃんと振り返ります。

Haruko Ishikawa(事務局)

小さい頃から木の絵に描くのが好きで、中学の時に世界の森林を守ろうと思い、めぐりめぐって林業の世界に入り、運命的に静岡に来ました。毎日リンギョウ林業と言ってる元気印の30代女子です。本業は県職員。林業女子会@静岡 事務局やってます☆。

Mizuki Fujishima

子供のころから植物が好きだったが、法隆寺宮大工の技と心を書いた本「木のいのち 木のこころ」を読んで、木の材料としての側面を知る。生物学的には死んでも、生えていた時の性質を残し、建物としてもう一度生きる木。そんな木とそれを育てる林業をもっと知りたくなり、静岡大学農学部へ進学。造林学研究室でブナの成長に関する研究をしているが、下宿では(今のところ)サボテンしか育てられていない。色々な種類のお茶を集めるのが好き。

Chisako Hagiwara

森に一歩入って、思わずスーッと息を吸い込んだ事、山登りをして疲れたはずなのに、心地良く思えた事はありませんか?実は木には魔法が掛かっているのです。旧約聖書の時代から、木には霊的パワーがあるとされており、日本でも木霊や御神木として人々の信仰の対象になっていました。現代では、シダーウッド・ティーツリー等アロマオイルとしても私達を癒してくれています。様々な恵みを与えてくれる木々への感謝の気持ち、ただの伐採ではなく木と人、森と人とが共存 する事。それが林業なのだと私は考えています。

Kaori Ino

私は森林が好きで、林業の勉強をしたいと思い静岡県農林大学校で林業を学び、23年度4月から静岡で林業の仕事をしています。林業はとても魅力的で、スポーツや身体を動かす作業が好きな私は、チェーンソーで木を切ったり植林をしたりと、山がフィールドの林業って面白い!と感じています。林業女子会を通じ多くの方に木の良さを知ってもらい、将来木製品が周りの至るところで見られると良いなぁ、と思っています。

Ikuko Kato

山仕事をしている夫の現場で価値なく扱われる木を何とかしたい!!そんな想いで木の器を作っています。山を守る大事な仕事をしている人達の事を、生木から作った自然たっぷりの木の器を通して街の皆さんに知ってもらえたら…。 加藤育子木の器取扱店 ・Fossetうつわ 暮らしの道具 テクラ facebookページ 木のうつわとにほんみつばち

Mihoko Motodo

浜松市天竜区で林業の現場作業員として働いています。春には苗を植え、夏には草を刈り、秋と冬には伐採・搬出をして季節とともに作業も変わっていきます。林業は厳しい仕事ですが、木と人をつなぐ大切な産業であることをこれからも伝えていきたいです。

Sayaka Suzuki

森が大好きというより、森に関わっている人たちが大好きです♪林業女子会では、山で暮らす人たち、また林業に関わる仕事を生業としている人たちの協力をいただきながら、いろんな魅力を発信していきたいなぁと思っています★よろしくお願いしますo(^-^)o

Yukari Mamada

立木で何百年も生き、木材になっても何百年と愛される木が好きで、木についてわきゃわきゃしゃべりたいと思って林業女子会にたどり着きました。出身は東京ですが、自然が身近な静岡がとても気に入っています。森林の中を歩いてウグイスの鳴き声を聞いたり、庭園の植栽を鑑賞したりすると、植物の生命や生き様に刺激されます。また、現在趣味で工房に通って、一からバイオリンを作ってみてます。